コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大池源治 おおいけ げんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大池源治 おおいけ-げんじ

1769-1847 江戸時代後期の植林家。
明和6年12月生まれ。対馬(つしま)(長崎県)厳原(いずはら)の商人。文化8年の朝鮮通信使招請のとき,表茶道掃除方としてのため自費で奉仕。島内の山間地開墾,植林につくし,藩より終身諸公役を免除された。弘化(こうか)4年5月死去。79歳。本姓は太田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大池源治の関連キーワードヘルダーベリンスキーリベリアナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世高林方朗三品容斎尾上菊五郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android