コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢小才太 おおさわ こさいた

1件 の用語解説(大沢小才太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢小才太 おおさわ-こさいた

1811-1889 江戸時代後期の名主。
文化8年生まれ。福住正兄(ふくずみ-まさえ)の兄。相模(さがみ)片岡村(神奈川県平塚市)の旗本高井氏知行所名主。家族で二宮尊徳の教えをうけた。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)で疲弊した片岡村の復興に着手し,借財返還,荒地開墾など報徳仕法による自力更生の模範村とした。明治22年8月16日死去。79歳。名は精一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大沢小才太の関連キーワード牢名主草分け名主小野沢平左衛門五味台右衛門甚太七兵衛関口金水長隠(1)寺島治朗臍穴主蘭室

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone