コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内秀綱 おおこうち ひでつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内秀綱 おおこうち-ひでつな

1546-1618 戦国-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)15年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)稗原(ひえばら)城主。三河(愛知県)の一向一揆(いっき)勢に味方した吉良義昭(きら-よしあき)にしたがい,徳川家康とたたかって敗れる。のち武蔵(むさし)小室藩主伊奈家につかえた。元和(げんな)4年9月13日死去。73歳。通称は金兵衛。号は休心

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大河内秀綱の言及

【鹿沼[市]】より

…栃木県中部,宇都宮市の西に接する市。1948年市制。人口9万3053(1995)。市の主要部は足尾山地の東麓,鹿沼扇状地の扇端付近から黒川沿岸の低地を中心に市街地が発展している。中世末期に壬生(みぶ)氏の鹿沼城が築城され,城下町として発達。近世には日光例幣使街道の宿場町,周辺農村の市場町として栄えた。明治以降JR日光線(1890)と東武日光線(1929)が通じ,製材・木工業の盛んな町として有名であった。…

※「大河内秀綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大河内秀綱の関連キーワード大河内正綱松平正綱

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android