コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洞存長 だいとう そんちょう

1件 の用語解説(大洞存長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大洞存長 だいとう-そんちょう

?-1519 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伊豆(いず)田方郡(静岡県)最勝院の鳳庵英麟(ほうあん-えいりん)に師事し,その法をつぐ。晩年武蔵(むさし)市河(埼玉県)に永福寺を,菖蒲に長竜寺をひらいた。永正(えいしょう)16年10月17日死去。法名は存奝ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大洞存長の関連キーワード木幡雅遠曹洞以州順栄箕外需糠規川宗策玖峰長玄秀峰存岱竹川応斎東木長樹南溟紹化

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone