コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津唯雪 おおつ ただゆき

1件 の用語解説(大津唯雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津唯雪 おおつ-ただゆき

1825-1887 幕末の武士。
文政8年7月9日生まれ。村田清風の次男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。物頭(ものがしら)役などをへて,文久2年京都留守居役となる。慶応元年諸隊総会計掛,干城隊頭を兼任。代官,奉行をへて明治2年京都公用人となった。明治20年4月3日死去。63歳。通称は次郎三郎,四郎右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大津唯雪の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧ハクスリー大谷幸蔵竹崎順子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone