コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津唯雪 おおつ ただゆき

1件 の用語解説(大津唯雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津唯雪 おおつ-ただゆき

1825-1887 幕末の武士。
文政8年7月9日生まれ。村田清風の次男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。物頭(ものがしら)役などをへて,文久2年京都留守居役となる。慶応元年諸隊総会計掛,干城隊頭を兼任。代官,奉行をへて明治2年京都公用人となった。明治20年4月3日死去。63歳。通称は次郎三郎,四郎右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大津唯雪の関連キーワード折田要蔵片見小次郎熊田恰佐々与衛門清水晴国住江甚兵衛浜田弥兵衛(2)弘中与三右衛門本城清本多雪堂