コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津唯雪 おおつ ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津唯雪 おおつ-ただゆき

1825-1887 幕末の武士。
文政8年7月9日生まれ。村田清風の次男。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士。物頭(ものがしら)役などをへて,文久2年京都留守居役となる。慶応元年諸隊総会計掛,干城隊頭を兼任。代官,奉行をへて明治2年京都公用人となった。明治20年4月3日死去。63歳。通称は次郎三郎,四郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

大津唯雪 (おおつただゆき)

生年月日:1825年7月9日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩士
1887年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

大津唯雪の関連キーワード村田峰次郎生年月日明治時代長州

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android