コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津唯雪(読み)おおつ ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津唯雪 おおつ-ただゆき

1825-1887 幕末の武士。
文政8年7月9日生まれ。村田清風の次男。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士。物頭(ものがしら)役などをへて,文久2年京都留守居役となる。慶応元年諸隊総会計掛,干城隊頭を兼任。代官,奉行をへて明治2年京都公用人となった。明治20年4月3日死去。63歳。通称は次郎三郎,四郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

大津唯雪 (おおつただゆき)

生年月日:1825年7月9日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩士
1887年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android