コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大湖諸国経済共同体 たいこしょこくけいざいきょうどうたいCommunaute Economique des Pays des Grads Lascs; CEPGL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大湖諸国経済共同体
たいこしょこくけいざいきょうどうたい
Communaute Economique des Pays des Grads Lascs; CEPGL

1976年9月にザイール (現コンゴ民主共和国) ,ブルンジ,ルワンダの3ヵ国が結成した経済共同体。3ヵ国はタンガニーカ湖,キブ湖,エドワード湖に隣接し,共通の歴史的背景をもち,独立以前はベルギー領コンゴを構成していた。経済統合の達成,加盟国の安全保障を目的とし,社会,経済,通商,科学,文化,政治,軍事などの分野での調整・調和を目指している。3ヵ国のうちブルンジ,ルワンダでは部族抗争が激化しているため,92年8月の CEPGL首脳会議において,3ヵ国間の定期的接触により安全保障,特に国境に関する問題を解決することで合意した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大湖諸国経済共同体の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ドナルド ヘンダーソン安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダーブルガリア文学ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)