コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大湖諸国経済共同体 たいこしょこくけいざいきょうどうたい Communaute Economique des Pays des Grads Lascs; CEPGL

1件 の用語解説(大湖諸国経済共同体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大湖諸国経済共同体
たいこしょこくけいざいきょうどうたい
Communaute Economique des Pays des Grads Lascs; CEPGL

1976年9月にザイール (現コンゴ民主共和国) ,ブルンジルワンダの3ヵ国が結成した経済共同体。3ヵ国はタンガニーカ湖,キブ湖,エドワード湖に隣接し,共通の歴史的背景をもち,独立以前はベルギー領コンゴを構成していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大湖諸国経済共同体の関連キーワードコンゴ川コンゴ民主共和国リンガラザイールCIPECスタンリー滝ウバンギ[川]コンゴ[川]シャバ[州]スタンリー・プール