コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大溝城 おおみぞじょう

日本の城がわかる事典の解説

おおみぞじょう【大溝城】

滋賀県高島市にあった平城(ひらじろ)。織田信長に謀叛を起こして殺害された弟織田信行(信勝)の嫡男で、明智光秀の娘を正室とした津田信澄の居城である。1578年(天正6)、近江国高島郡を領した信澄が、明智光秀の縄張りによって築城して居城とした。信澄は父信行の死去後、信長・信行兄弟の生母・土田御前の助命嘆願により許され、信長の命令により柴田勝家の許で養育された。このため、織田氏を名乗らず津田氏を称したともいわれるが、智勇に優れた武将に成長し、織田家で厚遇された。1582年(天正10)、本能寺の変で信長が光秀により殺害されると、明智氏との内通を疑われて、織田信孝(信長三男)と丹羽長秀の軍勢に襲撃され、摂津国の野田城で殺害された。信澄の死後、大溝城には丹羽長秀、加藤光泰、生駒正親、京極高次が入れ替わりで入城した。1619年(元和5)、分部光信が伊勢国の上野城から2万石で入封した。このころの大溝城は三の丸を残して破却され、大溝陣屋となっていた。JR近江高島駅前の公立高島総合病院の裏手に大溝城の本丸跡がある。本丸跡には天守台の石垣などが残っている。また、本丸跡の前にある乙女ヶ池は、大溝城を取り巻いていた外堀の一部である。JR湖西線近江高島駅から徒歩約5分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

大溝城の関連キーワード滋賀県高島市勝野高島[町]織田信澄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大溝城の関連情報