大王製紙[株](読み)だいおうせいし

百科事典マイペディアの解説

大王製紙[株]【だいおうせいし】

業界第3位の大手製紙メーカー。1943年製紙工業企業整備要綱に基づき四国紙業ほかの和紙メーカー14企業の合同により設立。戦後,洋紙に転換。1962年資金繰りの急悪化から会社更生法の適用を受けるが,再建後の回復は著しく,1982年には一時的に業界トップとなった。1979年〈エリエールティッシュ〉発売で家庭紙分野に参入。現在,臨海新鋭工場を武器に積極経営を展開中。本社東京。2011年資本金304億円,2003年3月期売上高4101億円。売上構成(%)は,紙・板紙69,ホーム&パーソナルケア29,その他2。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android