いの(町)(読み)いの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いの(町)
いの

高知県中央部、吾川(あがわ)郡にある町。2004年(平成16)吾川郡の伊野町(いのちょう)、吾北村(ごほくそん)と土佐(とさ)郡の本川村(ほんがわむら)が合併して成立。北は愛媛県と接する。北部は吉野川源流域を占め、瓶ヶ森(かめがもり)(1897メートル)一帯は石鎚(いしづち)国定公園に含まれる。中・南部は西側を仁淀(によど)川が支流を集めながらほぼ東南流する。JR土讃(どさん)線、とさでん交通伊野線、国道33号(松山街道)、194号、439号が通じ、高知自動車道の伊野インターチェンジがある。1999年に瓶ヶ森の東方、愛媛県境の寒風(かんぷう)山(1763メートル)南側に国道194号の寒風山トンネル(全長約5400メートル)が開通した。
 北部の吉野川流域の鷹ノ巣山遺跡は弥生中期の岩陰遺跡で、標高1150メートルという高所にある。南部の仁淀川東岸では、バーガ森北西麓に縄文後期の奥名(おくな)遺跡があり、北斜面には弥生中期の高地性集落がある。天神遺跡では銅剣・銅戈が発見されている。岩滝ノ鼻遺跡からは古墳時代の鉄斧、新田遺跡からは丸木舟が検出された。古墳時代後期の枝川古墳群もある。中世、中央部の仁淀川北岸には上八川(かみやかわ)を中心に吾川山(あがわやま)荘が成立、15世紀には吸江(ぎゅうこう)庵(高知市)領となる。北部は本川五党と称された土豪が割拠し、南部の波川(はかわ)には戦国末期に波川玄蕃(げんば)の拠る小研城(ことぎじょう)があった。江戸時代は仁淀川支流山間地の成山(なるやま)で土佐藩御用紙の七色紙が生産された。仁淀川に沿う伊野も土佐和紙の中心的生産地の一つで、上流山村で栽培された楮や紙などの商いも盛んとなり在郷町が成立した。野中兼山(けんざん)によって弘岡井筋が開かれて以降、仁淀川上流域の物資が伊野町の河湊で荷揚げされ、松山街道で高知城下に運ばれた。
 近代も工場製紙が発達、現在は手漉き工場もあるが、様々な用途の紙を製造する機械漉き工場が中心である。このほかの産業はスギ・ヒノキの用材生産、米作のほかカンショ・バレイショ、ユズ、イチゴ、コウゾなどの栽培、肉用牛の飼育など。土佐和紙は国の伝統的工芸品に指定されており、近代に導入された土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)の手漉き和紙製造技術は国の重要無形文化財。本川神楽(かぐら)は国指定重要無形民俗文化財の土佐神楽の一つ。伊野の椙本神社の八角形漆塗神輿は国指定重要文化財。八代八幡宮(やしろはちまんぐう)の農村歌舞伎舞台は国の重要有形民俗文化財。吉野川最上流部にある山間民家の山中家住宅は国指定重要文化財。紙の博物館、県立紙産業技術センターがある。面積470.97平方キロメートル、人口2万2767(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android