コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畑貝塚 おおはたかいづか

1件 の用語解説(大畑貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおはたかいづか【大畑貝塚】

福島県いわき市泉町下川字大畑にある縄文時代中期から後期に営まれた外洋性貝塚。小名浜湾南端の外海に岬嘴状に突出した丘陵上に位置し,標高42m内外の北斜面に3ヵ所にわかれて貝殻積成が認められる。1970‐72年に発掘調査が実施され,おびただしい遺物を検出した。B地区の最下層からは大木(だいぎ)7b式期の壮年男子の特色ある葬墓が発見され,呪術者的性格をもつ人物と推定された。貝層を構成する貝類は外湾岩礁性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大畑貝塚の関連キーワードいわき市石城国勿来いわき明星大学東日本国際大学塩屋埼よつくら港リュウ君岩田遺跡常磐開発

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone