大盤(読み)だいばん

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ばん【大盤】

〘名〙
① (「たいばん」とも) 食物、水などを入れる、大きな容器。
※延喜式(927)二四「播磨国〈略〉調〈略〉大盤七十五合〈略〉小盤有蓋八十合」
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉礼拝「聖水大盤(タイバン)を捧げてふりむく」
② 内裏清涼殿の台盤所で、天皇の食事を整え、奉仕すること。
※中右記‐寛治八年(1094)一〇月二八日「朝大盤以後行向帥大納言許
※京都大学所蔵兵範記仁平二年二月巻裏文書‐(保元元年)(1156)某書状「来四月入道殿之侍所大盤料米内」
※殿暦‐康和元年(1099)一〇月六日「藤氏長者事、戌時許惟信朝臣持来朱器并大盤

おお‐ばん おほ‥【大盤】

〘名〙 貴人の家などで食物を盛った器を載せる台。台盤(だいばん)
※栄花(1028‐92頃)布引の滝「殿上人もなくなりもてゆく。大盤も塵積り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐ばん【大盤】

《「たいばん」とも》食物や水などを入れるための大きな器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android