コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神基政 おおがの もとまさ

2件 の用語解説(大神基政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神基政 おおがの-もとまさ

1079-1138 平安時代後期の雅楽家。
承暦(じょうりゃく)3年生まれ。大神惟季(これすえ)の子。父と戸部正清に笛をまなぶ。堀河,鳥羽(とば)両天皇の笛の師範となる。狛(こま)笛,神楽(かぐら)笛にも長じ,大治(だいじ)3年雅楽允(うたのじょう),楽所勾当(こうとう)となる。「竜鳴抄」「竜笛(りゅうてき)古譜」などをあらわした。保延(ほうえん)4年9月8日死去。60歳。山井氏を称した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大神基政

没年:保延4.9.8(1138.10.13)
生年:承暦3(1079)
平安時代後期の雅楽奏者。石清水八幡宮所属の楽人であったが,笛の才能を見込まれて,宮廷勤仕の地下楽家のひとつである大神家の祖,惟季の養子となる。家業は横笛。堀河,鳥羽両天皇の笛の師範。竜笛を戸部正清と惟季に,高麗笛を玉手公延に,神楽笛を堀河天皇に学び,雅楽に用いる3種すべての横笛の技術を習得した。その集大成として『大神家笛譜』を著したが,これは雅楽の国風化への移行期の様相を伝える貴重な笛譜である。元永1(1118)年に笛一の者となり,長じて長承1(1132)年当時としては破格の従五位下に叙される。翌年箏の上手として知られる娘夕霧のために『竜鳴抄』(『竜吟抄』とも)を著す。この書は小書ながら,鎌倉期の楽書『教訓抄』(1233)に先んじる貴重な楽書である。なお夕霧は,『建礼門院右京大夫集』の作者の母である。<参考文献>『楽所補任』

(蒲生美津子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大神基政の言及

【律呂】より

…日本でも音律の意味で律呂を用いることが多いが,何かを2分類するときの対語としても使われ,例えば催馬楽(さいばら)は律歌,呂歌に分類されている。調名の分類に律,呂を用いた例では,狛近真(こまのちかざね)の《教訓抄》(1233)で,壱越(いちこつ)調,乞食(こつじき)調,双(そう)調,水(すい)調,大食(たいしき)調,沙陀(さだ)調を呂,壱越性調,平(ひよう)調,性(せい)調,道(どう)調,黄鐘(おうしき)調,盤渉(ばんしき)調を律と区分しており,大神基政(おおがのもとまさ)の《竜鳴抄》(1133)では,いわゆる六調子を律呂に分類している。その後,律呂は旋法あるいは音階上の用語としても用いられるようになり,明治にいたっては洋楽の旋法の概念を導入して命名された〈律旋〉〈呂旋〉の2分類も行われた。…

※「大神基政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大神基政の関連キーワード石清水八幡宮石清水石清水放生会源氏の氏神試楽正八幡宮行教戸部正清田中慶清美濃局(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone