コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大福御前 だいふくごぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大福御前 だいふくごぜん

?-1593 織豊時代,北条氏邦(うじくに)の妻。
武蔵(むさし)天神山城(埼玉県)城主藤田康邦の娘で,藤田家存続のため氏邦と結婚する。夫が城主の鉢形(はちがた)城が,天正(てんしょう)18年豊臣秀吉の小田原攻めで落城した際,御前は脱出。夫が加賀金沢へあずけられたため仏門にはいったが,前途を悲観し文禄(ぶんろく)2年5月10日自殺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大福御前の関連キーワード北条氏邦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android