コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉢形(読み)はちがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉢形
はちがた

埼玉県北西部,寄居町の地区。荒川南岸にあり,鉢形城跡がある。鉢形城は前面を荒川支流の深沢川の谷,背後を荒川の絶壁で仕切られた平山城で,中世,長尾景春により築かれたが,のち北条氏に帰し,天正 18 (1590) 年豊臣秀吉の軍に落された。山城の形態をとどめた城跡は史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちがた【鉢形】

埼玉県大里郡寄居町の地名。中世・近世には男衾(おぶすま)郡のうち。1476年(文明8)上野白井の長尾景春が主家の山内上杉顕定に反して鉢形城に拠ったが,78年太田道灌がこれを攻略,上杉氏の属城になり,その重臣藤田康邦の支配下におかれた。のち,北条氏康は三男氏邦を藤田氏の養子に入れてその旧領を掌握し,武蔵・上野支配の拠点とした。氏邦はやがて鉢形城に入って男衾,那賀,秩父,児玉,賀美,榛沢などの武蔵北西部諸郡を支配。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉢形の関連情報