大綱明宗(読み)だいこう みょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大綱明宗 だいこう-みょうしゅう

1363-1437 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。曹洞(そうとう)宗。甲斐(かい)(山梨県)向岳寺の抜隊得勝(ばっすい-とくしょう)に師事,のち相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺了庵慧明(りょうあん-えみょう)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,ついで最乗寺,丹波永沢寺(兵庫県)の住持をつとめ,最乗寺に大慈院をひらいた。永享9年1月14日死去。75歳。甲斐出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android