コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳化現象 だいのうかげんしょうcerebralization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大脳化現象
だいのうかげんしょう
cerebralization

中枢神経のうち大脳が絶対的,相対的に大きくなっていく現象をいい,特に人類進化においてはその傾向が著しい。脊椎動物のうち,魚類では大脳はごく小さく,その外面は旧皮質のみにすぎないが,両生類ではこれに古皮質が加わり,爬虫類ではさらに新皮質が加わる。哺乳類ではこの新皮質が大きくなり,内部の大脳核も漸次発達する。ヒトでは大脳半球が人類進化の諸段階を経て脳の大部分を占めるようになる。大脳の発達は精神活動の発達ときわめて密接に関係しており,最も人類的な特徴といえる。大脳化現象に伴い,頭部の外形も著しく変り,現生人類の前頭部は著しく秀でる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報