コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵種材 おおくらのたねき

3件 の用語解説(大蔵種材の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵種材
おおくらのたねき

平安時代中期の武将。藤原純友の乱 (→承平・天慶の乱 ) 鎮撫の際の部将春実の孫。寛仁3 (1019) 年大宰大監として在任中,刀伊 (とい) の来寇に功を立て,壱岐守となった。原田,秋月,田尻氏らの祖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵種材 おおくらの-たねき

?-? 平安時代中期の官吏。
大蔵春実(はるざね)の孫。寛仁(かんにん)3年(1019)沿海州の女真族(じょしんぞく)(刀伊(とい))が壱岐(いき)・対馬(つしま)に襲来したとき,前大宰少監(だざいのしょうげん)として藤原隆家らとともに応戦し,さらに追撃した。その功によって壱岐守となった。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵種材

生年:生没年不詳
平安中期の地方官人で武人。大蔵種光の子。承平・天慶の乱藤原純友を追討した大蔵春実の孫。寛仁3(1019)年刀伊が筑前国(福岡県)に襲来したとき,以前大宰府(太宰府市)の官人であった種材は奮戦してこれをくいとめたばかりか,兵船の整備を待たずに逸早く大宰少弐の平致行と共に追撃している。ときに70歳を超す老齢であり,この功績により壱岐守に任じられた。岩間将軍の異名を持ち「天下無双の弓馬の達者」といわれた。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大蔵種材の言及

【大蔵氏】より

…数流あるが最も著名なのは古代・中世に九州で繁栄した一族。渡来人阿知使主(あちのおみ)の子孫という倭漢氏(やまとのあやうじ)が大和朝廷の大蔵(財政機関)を預かったことにより大蔵を称するようになる。天慶年中(938‐947),藤原純友の乱に追討使として大蔵春実が九州に下向して以来,孫種材が刀伊の入寇に活躍するなど,その子孫は大宰府の官人として九州管内の各地に勢力をのばした。平安末期,平氏政権と結びついた大蔵(原田)種直が大宰権少弐に任ぜられ一族の多くも大宰府の要職をしめて勢威をほこったが,平氏滅亡とともに没落した。…

※「大蔵種材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大蔵種材の関連キーワード扶桑集源為憲口遊遷任碓井貞光外吏地方官庁大蔵春実日野資業大蔵種直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone