コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀伊 といToi

3件 の用語解説(刀伊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刀伊
とい
Toi

夷狄 (いてき) を意味する朝鮮語で,女真族 (→女真 ) をさした。日本でも高麗人の称呼をそのまま用いた。寛仁3 (1019) 年刀伊は高麗を襲い,さらに五十余隻の軍船で対馬,壱岐を攻め,ついに筑前怡土 (いと) 郡から能古島へ侵入。当時,眼病の名医を求めて任地にいた大宰権帥 (ごんのそつ) 藤原隆家大宰府の官人が防戦にあたったが,刀伊はさらに肥前松浦などを侵した。前肥前介源知らが防戦に努め,やっと撃退。防衛にあたった隆家やこれらの武士から,菊池,原田など九州の有力武士が出た。捕虜として連れ去られた日本人のうち二百余人を高麗が奪い返し送還してきたので,この事件を通じて従来断交状態にあった高麗と日本の関係が好転した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とい【刀伊】

《朝鮮語で夷狄(いてき)の意》中国東北部や沿海州に住んでいた女真族。寛仁3年(1019)対馬(つしま)壱岐(いき)筑前を襲ったが、大宰府の官人に撃退された。日本で、これを「刀伊の賊」とよんだ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とい【刀伊】

〔朝鮮語で「夷狄」の意〕
中国大陸、沿海州地方から黒竜江省にかけて占居していた女真族。1019年、壱岐・対馬に入寇し博多湾まで襲来したが、大宰権帥藤原隆家と大宰府軍の活躍によって撃退された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の刀伊の言及

【刀伊の入寇】より

…平安中期の1019年(寛仁3)3月末~4月に,いわゆる〈刀伊の賊〉が大宰府管内に侵入した事件。刀伊とは高麗が蛮族とくに女真を呼んだもの。…

※「刀伊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刀伊の関連情報