コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承平天慶の乱 ジョウヘイテンギョウノラン

デジタル大辞泉の解説

じょうへいてんぎょう‐の‐らん〔ジヨウヘイテンギヤウ‐〕【承平天慶の乱】

承平・天慶年間(931~947)に起こった、平将門(たいらのまさかど)反乱藤原純友(ふじわらのすみとも)の反乱。将門は関東に勢力を伸ばしたが、天慶3年(940)敗死、純友は瀬戸内海で反乱を起こしたが、天慶4年(941)敗死。律令国家の崩壊と地方武士の台頭とを象徴した事件。天慶の乱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうへいてんぎょうのらん【承平天慶の乱】

一〇世紀前半、承平・天慶年間、関東で平将門まさかどが、瀬戸内海で藤原純友すみともが、ほとんど同時に起こした反乱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

承平天慶の乱の関連キーワード延喜・天暦の治風と雲と虹と藤原純友の乱平将門の乱小野好古藤原玄明藤原忠文藤原忠平征西将軍伊勢平氏朱雀天皇藤原秀郷大蔵種材藤原純友承平の乱貞信公記平将門追捕使日振島大村氏

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承平天慶の乱の関連情報