コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸浄瑠璃 えどじょうるり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸浄瑠璃
えどじょうるり

日本音楽の分類名称。 (1) 上方の義太夫節に対して,江戸の河東節,常磐津節,富本節清元節新内節などをいう。享保 (1716~36) 以後に,人形芝居の古浄瑠璃から歌舞伎伴奏用に転成した,歌曲性の濃厚な浄瑠璃である。 (2) 江戸で成立または発達した浄瑠璃を,古浄瑠璃も含めて一般的にいう。その古浄瑠璃には,薩摩節,肥前節,金平 (きんぴら) 節,永閑節,外記 (げき) 節,土佐節半太夫節などがある。土佐節は,土佐少掾の流派で,京都の山本土佐掾とは無関係。 (3) 義太夫節のうち,江戸作者による作品をいうこともある。福内鬼外の『神霊矢口渡』,紀上太郎の『碁太平記白石噺』,松貫四,司馬芝叟合作の『伽羅 (めいぼく) 先代萩』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えど‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【江戸浄瑠璃】

江戸で発生し、流行した浄瑠璃の総称。古くは薩摩節(さつまぶし)金平節(きんぴらぶし)土佐節外記節(げきぶし)永閑節大薩摩節(おおざつまぶし)半太夫節、やや遅れて、享保(1716~1736)以降の河東節(かとうぶし)常磐津節(ときわずぶし)富本節清元節新内節などをいう。一般には、河東節以降のものをさす場合が多い。吾妻(あずま)浄瑠璃。→江戸節上方(かみがた)浄瑠璃

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えどじょうるり【江戸浄瑠璃】

江戸の浄瑠璃。
江戸時代前半の江戸で発生した浄瑠璃。広義では元禄以前の古浄瑠璃をも含めるが、狭義では元禄以後盛行した半太夫節・河東節の類をさす。
江戸時代後半の江戸で豊後節から派生して盛行した常磐津節ときわずぶし・富本節・清元節・新内節の総称。
義太夫節の作品のうち江戸で作られたもの。「神霊矢口渡」「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の江戸浄瑠璃の言及

【浄瑠璃】より

…やはり豊後系の鶴賀若狭掾の弟子鶴賀新内は妖艶な新内節の曲風を語った。河東節,豊後三流,新内節を江戸浄瑠璃ともいう。豊後掾の門弟宮古路薗八が京で薗八節(宮薗節)を広め,この分派の春富士正伝が正伝節を上方の歌舞伎で語り,豊後掾の門弟宮古路繁太夫は繁太夫(しげたゆう)節を元文(1736‐41)ころから大坂の劇場や座敷で語った。…

※「江戸浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸浄瑠璃の関連キーワード桜井和泉太夫(1世)江戸半太夫(初代)石村近江(11代)竹本筆太夫(初代)西川扇蔵(2世)都一中(5代)江戸太夫双笠杉山丹後掾高橋 桜州上方浄瑠璃武道伝来記江戸半太夫江戸肥前掾金平浄瑠璃難波浄瑠璃吾妻浄瑠璃大薩摩節薩摩浄雲平賀源内江戸時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸浄瑠璃の関連情報