コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸浄瑠璃 えどじょうるり

3件 の用語解説(江戸浄瑠璃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸浄瑠璃
えどじょうるり

日本音楽の分類名称。 (1) 上方の義太夫節に対して,江戸の河東節,常磐津節富本節,清元節,新内節などをいう。享保 (1716~36) 以後に,人形芝居古浄瑠璃から歌舞伎伴奏用に転成した,歌曲性の濃厚な浄瑠璃である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えど‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【江戸浄瑠璃】

江戸で発生し、流行した浄瑠璃の総称。古くは薩摩節(さつまぶし)金平節(きんぴらぶし)土佐節外記節(げきぶし)永閑節大薩摩節(おおざつまぶし)半太夫節、やや遅れて、享保(1716~1736)以降の河東節(かとうぶし)常磐津節(ときわずぶし)富本節清元節新内節などをいう。一般には、河東節以降のものをさす場合が多い。吾妻(あずま)浄瑠璃。→江戸節上方(かみがた)浄瑠璃

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えどじょうるり【江戸浄瑠璃】

江戸の浄瑠璃。
江戸時代前半の江戸で発生した浄瑠璃。広義では元禄以前の古浄瑠璃をも含めるが、狭義では元禄以後盛行した半太夫節・河東節の類をさす。
江戸時代後半の江戸で豊後節から派生して盛行した常磐津節ときわずぶし・富本節・清元節・新内節の総称。
義太夫節の作品のうち江戸で作られたもの。「神霊矢口渡」「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸浄瑠璃の言及

【浄瑠璃】より

…やはり豊後系の鶴賀若狭掾の弟子鶴賀新内は妖艶な新内節の曲風を語った。河東節,豊後三流,新内節を江戸浄瑠璃ともいう。豊後掾の門弟宮古路薗八が京で薗八節(宮薗節)を広め,この分派の春富士正伝が正伝節を上方の歌舞伎で語り,豊後掾の門弟宮古路繁太夫は繁太夫(しげたゆう)節を元文(1736‐41)ころから大坂の劇場や座敷で語った。…

※「江戸浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸浄瑠璃の関連キーワード江戸の敵を長崎で討つ江戸風大江戸火事と喧嘩は江戸の花あいびき/江戸の女たち江戸の暗黒街江戸の用心棒〈II〉江戸の三大家江戸の華江戸の水

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江戸浄瑠璃の関連情報