コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観山 だいかんやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大観山
だいかんやま

「だいかんざん」「たいかんざん」ともいう。神奈川県南西部,箱根山南部の外輪山の1つ。標高 1012m。箱根町湯河原町の境にあり,小田原から箱根ターンパイク,湯河原から椿ラインの観光道路が通じる。芦ノ湖を前面に,外輪山の西壁とその背後にそびえる富士山の雄大な姿が楽しめる。

大観山
だいかんざん

大観山」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大観山
だいかんざん

神奈川県南西部、足柄下(あしがらしも)郡箱根町と湯河原(ゆがわら)町との境界にある山。地形、地質上は箱根火山の古期外輪山溶岩からなる。箱根外輪山南部の最高峰で、標高1011メートル。芦(あし)ノ湖畔から湯河原温泉へ通じる道路(椿(つばき)ライン)と小田原からのTOYO TIRESターンパイクがここで合する。ここの富士見峠の展望台からは箱根火山中央火口丘(神(かみ)山・駒(こま)ヶ岳)の西半部や西側の古期外輪山やカルデラ縁と富士山、東は相模(さがみ)湾一帯が一望のもとに収められ、外輪山第一の絶景とされている。なお東方1.5キロメートルに源頼朝(よりとも)が隠れた土肥椙山巌窟(どいすぎやまがんくつ)がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大観山の関連キーワード奥湯河原県立自然公園湯河原(町)維和島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大観山の関連情報