コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士見峠 ふじみとうげ

2件 の用語解説(富士見峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士見峠
ふじみとうげ

群馬県北東部,片品村にあり,戸倉と尾瀬ヶ原を結ぶ通路にある峠。標高 1883m。群馬県側から尾瀬への三つの入山ルート (鳩待峠,富士見峠三平峠) の中央にあたり,富士見下まで車が入る。西に菖蒲平 (あやめだいら) ,北に尾瀬ヶ原があり,東は皿伏山を経て尾瀬沼に出る。付近は尾瀬国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士見峠
ふじみとうげ

静岡県中部にある静岡市葵(あおい)区井川と横沢とを結ぶ峠で標高1184メートル。大井川と安倍(あべ)川との分水界にあたり、笹山(ささやま)構造線に沿って南北に延びる稜線(りょうせん)の鞍部(あんぶ)にあたる。井川はかつて北側の大日(だいにち)峠を越えて静岡市中心部と結び付いていたが、1958年(昭和33)井川ダム建設の補償、畑薙(はたなぎ)ダムの資材運搬のため林道が敷設され、この峠を越えた。峠には小規模な公園があり、富士山、南アルプスなどの景観に恵まれる。北方の緩斜面は井川開拓として高冷地野菜の栽培地で、井川高原自然歩道、県民の森などの施設も整えられている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士見峠の関連情報