箱根町(読み)はこね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「箱根町」の解説

箱根〔町〕
はこね

神奈川県南西部の町。町域は箱根山の外輪山の内側とほぼ一致する。 1889年町制。 1954年元箱根村,芦ノ湯村と合体,56年湯本町,温泉村,宮城野村,仙石原村と合体。火山活動による変化に富む景観,芦ノ湖の遊覧,富士山の眺望などの観光資源に恵まれるとともに箱根温泉郷を形成しており,観光が主産業。中心地区の箱根湯本をはじめ宮ノ下,元箱根など,集落はいずれも温泉を中心とする。古くは中央火口丘から芦ノ湖一帯は箱根神社の神領で,元箱根は門前町として発達。早くから東海地方と関東地方を結ぶ交通路が通り,近世は箱根峠の東麓に東海道の関所箱根関と宿駅がおかれた。奈良時代末から温泉も開かれ,元禄期には箱根七湯といわれた。大正期以後別荘地が開発され,登山電車が開通したほかケーブルカー,ロープウェーなどが次々と整備され,泉源の開発も進んだ。第2次世界大戦後は自動車道の発達がめざましい。畑宿から箱根にかけての箱根旧街道 (史跡) はスギ並木や石畳など近世東海道の面影が残る。ほか史跡に箱根関跡,元箱根石仏群があり,名所旧跡が多い。仙石原では天然記念物箱根仙石原湿原植物群落がみられる。富士箱根伊豆国立公園に属する。箱根登山鉄道,国道1号線 (箱根新道) ,138号線が通る。面積 92.86km2。人口 1万1786(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android