コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大詔奉戴日 たいしょうほうたいび

2件 の用語解説(大詔奉戴日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大詔奉戴日
たいしょうほうたいび

太平洋戦争開戦の詔勅が出された 1941年 12月8日を特別に記念する日。 42年1月2日の閣議で決定され,同年1月8日を第1回とし,以後毎月8日を大詔奉戴日とすることになった。国民の戦意高揚をはかる目的でとられた措置の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいしょうほうたいび【大詔奉戴日】

太平洋戦争勃発後の1942年(昭和17)に従来の興亜奉公日にかわって設けられた日。毎月八日をこの日と定め、戦時体制への国民の動員強化をはかった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大詔奉戴日の関連キーワード太平洋戦争アジア太平洋戦争終戦禁演落語戦争と天気図太平洋戦争とキスカ島聯合艦隊司令長官 山本五十六~太平洋戦争70年目の真実太平洋戦争と豪州館野守男アジア・太平洋戦争

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大詔奉戴日の関連情報