コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大詔奉戴日 たいしょうほうたいび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大詔奉戴日
たいしょうほうたいび

太平洋戦争開戦の詔勅が出された 1941年 12月8日を特別に記念する日。 42年1月2日の閣議で決定され,同年1月8日を第1回とし,以後毎月8日を大詔奉戴日とすることになった。国民の戦意高揚をはかる目的でとられた措置の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうほうたいび【大詔奉戴日】

太平洋戦争勃発後の1942年(昭和17)に従来の興亜奉公日にかわって設けられた日。毎月八日をこの日と定め、戦時体制への国民の動員強化をはかった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大詔奉戴日の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ日中戦争教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大詔奉戴日の関連情報