大詔奉戴日(読み)たいしょうほうたいび

  • たいしょうほうたいび タイセウ‥

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平洋戦争開戦の詔勅が出された 1941年 12月8日を特別に記念する日。 42年1月2日の閣議で決定され,同年1月8日を第1回とし,以後毎月8日を大詔奉戴日とすることになった。国民の戦意高揚をはかる目的でとられた措置の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 太平洋戦争当時、毎月の八日をいう語。戦争開始の詔勅が発布された昭和一六年(一九四一)一二月八日にちなみ、戦意昂揚をはかったもの。興亜奉公日(毎月一日)に代わって定められた。
※地の群れ(1963)〈井上光晴〉八「前戦の将兵は大詔奉戴日といっても酒はのめない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android