コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大詔奉戴日 たいしょうほうたいび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大詔奉戴日
たいしょうほうたいび

太平洋戦争開戦の詔勅が出された 1941年 12月8日を特別に記念する日。 42年1月2日の閣議で決定され,同年1月8日を第1回とし,以後毎月8日を大詔奉戴日とすることになった。国民の戦意高揚をはかる目的でとられた措置の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうほうたいび【大詔奉戴日】

太平洋戦争勃発後の1942年(昭和17)に従来の興亜奉公日にかわって設けられた日。毎月八日をこの日と定め、戦時体制への国民の動員強化をはかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大詔奉戴日の関連キーワード興亜奉公日戦時体制従来

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android