コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大詫間 おおたくま

2件 の用語解説(大詫間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大詫間
おおたくま

佐賀県東部,佐賀市南東端にある旧村域。佐賀平野の南東端に位置する。 1955年近隣町村と合体して川副町となり,2007年佐賀市に編入。筑後川と早津江川に挟まれた三角州の南半部を占め,三角州の北半部は福岡県南西部の大川市大野島。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大詫間
おおだくま

佐賀県佐賀市川副町(かわそえまち)地区の東部、筑後(ちくご)川河口に位置する。筑後川と早津江(はやつえ)川に囲まれた一島でありながら、北半を大野島(福岡県大川市)、南半を大詫間島と称した。淡水「アオ」を取水する典型的な干拓地農村であるが、ノリ養殖も行われる。1983年(昭和58)川副大橋が開通し、県営渡船は姿を消した。国指定重要文化財の山口家住宅がある。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大詫間の関連キーワード佐賀県佐賀市神園佐賀県佐賀市城内佐賀県佐賀市田代佐賀県佐賀市光佐賀県佐賀市松原佐賀県佐賀市水ヶ江佐賀県佐賀市南佐賀佐賀県佐賀市八戸佐賀県佐賀市柳町佐賀県佐賀市与賀町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大詫間の関連情報