コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大諫議書 だいかんぎしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大諫議書
だいかんぎしょ

大抗議文」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大諫議書
だいかんぎしょ
Grand Remonstrance

ピューリタン革命中に長期議会に提出された文書。「大抗議文」ともいう。長期議会による改革が一段落した1641年暮れ、反革命の高まりを恐れた議会の改革派が、これを起草した。内容は、国王チャールズ1世の「悪政」を204か条にわたって並べたてたもので、国民に訴える手段として印刷され、広く配布された。しかしこの文書は159対148票という僅差(きんさ)で可決されたのみならず、内容があまりにも党派的なものに思われたため、議会の穏健派は国王派に支持を変える結果となった。したがってこの文書は、長期議会を分裂させて議会派と王党派の区別を明らかにするとともに、内戦を不可避にした重要な文書であるといえよう。(書籍版 1987年)[小泉 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大諫議書の関連キーワードピューリタン革命王党派議会派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android