コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光威 おおたに こうい

美術人名辞典の解説

大谷光威

江戸後期の勤王僧。京都生。光沢の長子法名は徳如。法嗣となり常に父を扶けて勤王事業につくす。明治元年維新の際数多の寺僧紫宸殿外に警固し、御寺守衛の任を果たす。明治元年(1868)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光威 おおたに-こうい

1827*-1868 江戸時代後期の僧。
文政9年12月17日生まれ。大谷光沢養子浄土真宗本願寺派弘化(こうか)4年西本願寺の法嗣となる。文久3年尊攘(そんじょう)派として朝廷軍資金をおくる。戊辰(ぼしん)戦争では養父の命で寺僧をひきいて紫宸(ししん)殿の警固にあたった。慶応4年4月14日死去。43歳。京都出身。法名は徳如。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android