大谷光演(読み)おおたに こうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光演 おおたに-こうえん

1875-1943 明治-昭和時代前期の僧。
明治8年2月27日生まれ。大谷光瑩(こうえい)の次男。明治41年真宗大谷派23世となる。鉱山事業に失敗して,大正14年長男大谷光暢(こうちょう)に法主をゆずった。俳人としても知られ,句誌「懸葵(かけあおい)」を主宰した。昭和18年2月6日死去。69歳。京都出身。法名は彰如。号は愚峰。俳号は句仏。句集に「夢の跡」「我は我」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android