コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大豊泰昭 たいほうやすあき

1件 の用語解説(大豊泰昭の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

大豊泰昭

プロ野球選手。1963年11月15日、台湾南投県生まれ。本名、陳大豊。王貞治に憧れ、84年に20歳で来日し、名古屋商科大学に入学した。89年、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団し、同シーズンに14本塁打の活躍をみせ、以降、2000年まで12年連続で2ケタ本塁打を達成した。98年、阪神タイガースに移籍し、2001年、中日ドラゴンズに復帰、02年に現役引退した。通算成績1324試合、1089安打、277本塁打、打率.266。引退後は同球団のスカウトとして活躍し、04年より中華料理店主となった。09年3月に急性骨髄性白血病を発症し、15年1月18日、死去した。享年51。長女は宝塚歌劇団の、ひろ香祐。

(2015-1-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大豊泰昭の関連キーワード日本(にほん)総合年表(アメリカ)総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)コーマン新藤兼人東欧映画マキノ雅広北九州(市)シャンソン(フランスのポピュラー・ソング)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大豊泰昭の関連情報