コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋商科大学 なごやしょうかだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋商科大学
なごやしょうかだいがく

私立大学。 1935年創設の名古屋鉄道学校を母体に,50年設立の光陵短期大学を経て,53年に4年制大学として発足。商学部に商学,産業経営,経営情報,国際経済の4学科をおいた。 97年に外国語学部を増設,2学部構成となる。入学定員は 900名 (1992) 。 90年に大学院を設置。所在地は愛知県日進市米野木町

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なごや‐しょうかだいがく〔‐シヤウクワダイガク〕【名古屋商科大学】

愛知県日進(にっしん)市にある私立大学昭和10年(1935)設立の名古屋鉄道学校に始まり、昭和28年(1953)に新制大学として発足。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋商科大学
なごやしょうかだいがく

私立。1935年(昭和10)創立された名古屋鉄道学校が起源。1953年(昭和28)開学。当初は商学部商学科だけの単科大学であったが、2010年(平成22)時点で、商学部(マーケティング学科、会計ファイナンス学科)、経営学部(経営学科、経営情報学科)、経済学部(経済学科)、コミュニケーション学部(国際コミュニケーション学科、現代教養学科)の4学部7学科、大学院(マネジメント研究科、会計ファイナンス研究科)を置く。2006年、当大学および大学院のビジネスプログラムは、マネジメント教育に関する国際的な大学評価機関「AACSB」から正式認証を受けた(慶応義塾大学大学院に次いで2番目の認証)。経営母体の学校法人栗本学園は、名古屋国際中学校・高等学校、光陵(こうりょう)女子短期大学(1982年開学)も運営。所在地は愛知県日進市米野木町(こめのきちょう)三ヶ峯(さがみね)4-4。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

名古屋商科大学の関連キーワード酒井 正兵衛愛知県日進市久野 豊彦本田 実信尾崎 久弥上井邦浩大豊泰昭

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名古屋商科大学の関連情報