大野誠(読み)おおの まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野誠 おおの-まこと

1834-1884 江戸後期-明治時代の儒者,官僚。
天保(てんぽう)5年4月2日生まれ。大野恥堂(ちどう)の長男。儒学を藤森弘庵に,剣術を伊庭軍兵衛にまなぶ。父の私塾絆己楼(はんきろう)で子弟をおしえ,のち江戸で春風館を開設した。維新後,太政官権大書記官,長野県令などをつとめた。明治17年10月27日死去。51歳。越後(えちご)(新潟県)出身。字(あざな)は仲亨。号は睡虎,楳華。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大野誠の関連情報