コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大銭 おおぜに

大辞林 第三版の解説

おおぜに【大銭】

江戸時代、一枚で一文銭数枚に相当する貨幣の俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大銭の言及

【宝永通宝】より

…宝永期には幣制の混乱がはなはだしく,銅貨が払底し,そのため両替屋らは不当な利益を得る状態となっていたので,江戸幕府は宝永通宝の鋳造を命じた。ところが,10文通用の大銭に人々は不慣れであり,世評はよくなかったので,翌年1月にはその通用を停止した。【作道 洋太郎】。…

※「大銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大銭の関連キーワード江戸時代(年表)宝永通宝江戸時代王莽銭十文銭一文銭貨幣俗称

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android