コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増親 おおぜき ますちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増親 おおぜき-ますちか

1635-1662 江戸時代前期の大名。
寛永12年生まれ。大関高増の長男。正保(しょうほ)3年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家4代となる。駿府加番,大坂加番などをつとめた。寛文2年4月1日死去。28歳。幼名は亀松。通称は右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大関増親の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)シャンパーニュ石垣永将ファフル・ウッディーン2世スペイン演劇徳川家光フック大蔵虎明グリフェンフェルトフック

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android