コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪・大坂 おおさか

大辞林 第三版の解説

おおさか【大阪・大坂】

近畿地方中部の府。かつての摂津国の東半部と和泉・河内二国を占める。大阪平野の主要部を占め、東は生駒・金剛山地、南は和泉いずみ山脈。1871年(明治4)設置。81年堺県(もとの大和国を含む)を合併。87年以前の大和国が奈良県として分離し、現在の府域となる。府庁所在地、大阪市。
大阪府中部、大阪湾に臨む市。府庁所在地。指定都市。淀川・大和川下流の三角州に位置。西日本の経済・交通の中心地。古代の難波なにわの地で、瀬戸内海から大和地方に入る水陸交通の要地。1496年蓮如が石山本願寺を建立、1583年その跡に豊臣秀吉が大坂城を築き、以来商業が発達。江戸時代には幕府の直轄地となり、各藩の蔵屋敷が設けられるとともに諸国の物資の集散地となり、「天下の台所」「町人の町」として繁栄。もと「大坂」と書いたが、1871年(明治4)大阪府は「坂」を「阪」に改めた。 〔中世・近世では「おおざか」が普通だった〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪・大坂の関連情報