大館四郎(読み)おおだて しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館四郎 おおだて-しろう

1824-1871 幕末の武士。
文政7年3月21日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の都城(宮崎県)領主島津氏の臣。家は代々連歌師。明道館漢学をおさめ,天保(てんぽう)13年京都にでて香川景樹らの門で和歌,国学をまなぶ。平野国臣(くにおみ)らとまじわり,尊攘(そんじょう)をとなえた。明道館の学頭,のち鹿児島藩民事奉行となった。明治4年7月6日死去。48歳。名は晴勝。通称は別に只六。号は添山,桐園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android