コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館四郎 おおだて しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館四郎 おおだて-しろう

1824-1871 幕末の武士。
文政7年3月21日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の都城(宮崎県)領主島津氏の臣。家は代々連歌師。明道館漢学をおさめ,天保(てんぽう)13年京都にでて香川景樹らの門で和歌,国学をまなぶ。平野国臣(くにおみ)らとまじわり,尊攘(そんじょう)をとなえた。明道館の学頭,のち鹿児島藩民事奉行となった。明治4年7月6日死去。48歳。名は晴勝。通称は別に只六。号は添山,桐園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大館四郎の関連キーワード廃藩置県フランス史(年表)ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち会計ファラデーケアリー姉妹マーシャルインターナショナル新教育

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android