コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明道館 めいどうかん

2件 の用語解説(明道館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明道館
めいどうかん

福井藩の藩校。安政2 (1855) 年藩主松平慶永によって創設された。横井小楠らの実学尊重の趣旨から朱子学を主体とし,また蘭学科をおいた。同4年橋本左内の建議を入れて洋書習学所を設置し,教授に坪井信良を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明道館
めいどうかん

越中福井藩の藩学。1819年(文政2)以来の学問所正義館を16代藩主松平慶永(よしなが)が刷新、1855年(安政2)明道館とした。1869年(明治2)明新館と改称。肥後の横井小楠(しょうなん)の意見『学校問答』に拠(よ)り「学政一致」、有用の人材の成育を目ざして、経書(けいしょ)、兵書武技、史、歴史諸子、典令、詠歌詩文、習書算術暦学、医学、蘭(らん)学の9科を設けた。1856年(安政3)藩士橋本左内(さない)が幹事に就任し、教育方針『明道館之記』を示す。翌年、城下四か所に外塾を、また講武館、洋書習学所などを設けた。藩士の子弟は8歳で外塾に読書・写字を学び、普通17歳をもって明道館に進み、文武不岐の修学をする規定であった。[木槻哲夫]
『文部省編・刊『日本教育史資料 二』(1889)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明道館の関連キーワード松井耕雪阿部清兵衛大郷浩斎岡部養竹鈴木蓼処一柳末延前田雲洞松平直静矢島立軒吉田東篁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明道館の関連情報