コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明道館 めいどうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明道館
めいどうかん

福井藩の藩校。安政2 (1855) 年藩主松平慶永によって創設された。横井小楠らの実学尊重の趣旨から朱子学を主体とし,また蘭学科をおいた。同4年橋本左内の建議を入れて洋書習学所を設置し,教授に坪井信良を迎えた。市中に明道館外塾があった。明治2 (69) 年明新館と改められ,同4年には外人教師を招き西洋文明の輸入に努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明道館
めいどうかん

越中福井藩の藩学。1819年(文政2)以来の学問所正義館を16代藩主松平慶永(よしなが)が刷新、1855年(安政2)明道館とした。1869年(明治2)明新館と改称。肥後の横井小楠(しょうなん)の意見『学校問答』に拠(よ)り「学政一致」、有用の人材の成育を目ざして、経書(けいしょ)、兵書武技、史、歴史諸子、典令、詠歌詩文、習書算術暦学、医学、蘭(らん)学の9科を設けた。1856年(安政3)藩士橋本左内(さない)が幹事に就任し、教育方針『明道館之記』を示す。翌年、城下四か所に外塾を、また講武館、洋書習学所などを設けた。藩士の子弟は8歳で外塾に読書・写字を学び、普通17歳をもって明道館に進み、文武不岐の修学をする規定であった。[木槻哲夫]
『文部省編・刊『日本教育史資料 二』(1889)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明道館の関連キーワード福井県立藤島高等学校山下 千代雄山下千代雄橋本 綱常山県守雌斎金子 平吉早川図書藩学一覧横山猶蔵吉田東篁島津久本新妻金夫中山菁莪糸魚川藩村田氏寿松田和孝徳山重陽鈴木蓼処大館四郎河村武道

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明道館の関連情報