コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大高忠兵衛 おおたか ちゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大高忠兵衛 おおたか-ちゅうべえ

1823-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政6年3月1日生まれ。大高又次郎甲冑(かっちゅう)製作をまなび,養子となる。弘化(こうか)5年梅田雲浜(うんぴん)の招きで京都にでて甲冑商をひらき,諸藩の尊攘派の連絡役をつとめた。池田屋事件新選組に捕らえられ,元治(げんじ)元年7月4日獄死。42歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は常城。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大高忠兵衛の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android