天の(読み)アマノ

大辞林 第三版の解説

あまの【天の】

( 連語 )
天にある。天の。天上界に所属する。 → あめの

あめの【天の】

( 連語 )
天にある。天の。天上界に所属する。 → あまの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あま‐の【天の】

連語〙 (「あめの」とよまれる場合もある)
天上の。天の。空の。「天の白雲」「天の原」など。
高天原の。天つ神の。「天の岩屋」「天の高市(たけち)」「天の斑駒(ふちこま)」「天の安河(やすのかわ)」など。
③ (広く敬い、ほめたたえる意を表わして) 神聖な。尊い。おそれ多い。清浄な。「天の足夜(たりよ)」「天の鳥船」「天の瓊矛(ぬほこ)」「天の日嗣(ひつ)ぎ」など。
④ (近世用法で、意味を強める) 全くの。「天の幸(さいわ)い」「天の余所(よそ)」など。

あめ‐の【天の】

〘連語〙 (「あまの」とよまれる場合もある)
① 天上の。天の。空の。「天の海」「天の露霜」「天の火」など。
② 高天原(たかまのはら)の。天つ神の。「天の御孫」「天の宮」など。
③ (広く敬い、ほめたたえる意を表わして) 神聖な。尊い。おそれ多い。清浄な。「天の益人(ますひと)」「天の御門(みかど)」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天のの関連情報