コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下三分の計 テンカサンブンノケイ

3件 の用語解説(天下三分の計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

天下(てんか)三分(さんぶん)の計(けい)

後漢末、諸葛亮(しょかつりょう)蜀(しょく)劉備(りゅうび)に進言した、国土を三分割して曹操(そうそう)孫権(そんけん)・劉備の三人で中国を支配する策。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

天下三分の計

孔明が劉備に説いた戦略。益州・荊州をとり、東の孫権と結び、中原の曹氏に事あるのを待つというもの。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんかさんぶんのけい【天下三分の計】

諸葛亮しよかつりようが蜀しよくの劉備りゆうびに献言した天下取りの戦略。劉備にとって強敵であった魏の曹操そうそうと一気に対抗するのは困難であるとし、ひとまず呉の孫権そんけんと結び、後に曹操と対抗して全土の平定を企てようとするもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天下三分の計の言及

【諸葛孔明】より

…たまたま劉表を頼って荆州に来た劉備は,その評判を聞くと,207年(建安12)に孔明の庵を訪れ,3度目にやっと会見できた。いわゆる〈三顧の礼〉にこたえた孔明は,劉備のために〈天下三分の計〉を説き,華北を制圧した曹操に対抗して漢室を復興するためには,江南に割拠する孫権と連合し,みずから荆州と益州(四川省)を確保して独立すべきことを勧めた。劉備はこの計略を喜び,孔明を不可欠な人物としてその関係を〈水魚の交わり〉にたとえた。…

※「天下三分の計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天下三分の計の関連キーワード諸葛亮臥竜駕を枉げる孔明三顧水魚の交わり伏竜鳳雛竜驤虎視将星隕つ成都の武侯祠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天下三分の計の関連情報