コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天倫正挺 てんりん しょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天倫正挺 てんりん-しょうてい

1417-1501 室町-戦国時代の僧。
応永24年生まれ。曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)双林寺の一州正伊(しょうい)に師事し,その法をつぐ。上野国峰城主小幡憲重が最興寺をたてたとき,正伊を開山(かいさん)とし,正挺は2世となった。明応10年2月22日死去。85歳。上野出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天倫正挺の関連キーワード文亀蘭坡景茝ルターの家伊勢貞親川内川康富記足利持氏上杉禅秀の乱シスマ足利満隆

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone