コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天元戦 てんげんせん

2件 の用語解説(天元戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天元戦
てんげんせん

1974年日本棋院選手権戦と関西棋院選手権戦が合流して創設されたタイトル戦。天元の序列は十段に次ぐ。第1期天元は藤沢秀行9段。主催は北海道新聞中日新聞西日本新聞の3社連合に神戸新聞が加わり,中日系の東京新聞も掲載している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんげん‐せん【天元戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和50年(1975)創設。トーナメント戦の勝者がタイトル保持者と五番勝負で決定戦を行い、勝者がタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉天元を名乗ることができる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

天元戦の関連キーワードポルトガル文学藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー日活(株)臨時工宇宙戦艦ヤマト伊豆半島沖地震ジスカール・デスタン朴槿恵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天元戦の関連情報