コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天元戦 てんげんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天元戦
てんげんせん

1974年日本棋院選手権戦と関西棋院選手権戦が合流して創設されたタイトル戦天元の序列は十段に次ぐ。第1期天元は藤沢秀行9段。主催は北海道新聞,中日新聞,西日本新聞の3社連合に神戸新聞が加わり,中日系の東京新聞も掲載している。創設当初は前年度の優勝者も最初から参加するトーナメント方式であったが,現在はトーナメント戦の優勝者がタイトル保持者に挑戦するタイトル戦方式になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんげん‐せん【天元戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和50年(1975)創設。トーナメント戦の勝者がタイトル保持者と五番勝負で決定戦を行い、勝者がタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉天元を名乗ることができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

天元戦の関連キーワード島村 俊広山部 俊郎井山裕太河野臨常 昊囲碁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天元戦の関連情報