コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中日新聞 ちゅうにちしんぶん

6件 の用語解説(中日新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中日新聞
ちゅうにちしんぶん

ブロック紙中最大の発行部数を有する愛知,岐阜,三重の東海3県を中心とする名古屋の新聞。 1942年の新聞統合令で『新愛知』 (1888.7.創刊) と『名古屋新聞』 (1906.11.創刊) の2紙が合併して,『中部日本新聞』になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうにち‐しんぶん【中日新聞】

中日新聞社が発行する日刊ブロック紙。同社は愛知県の新聞2紙が昭和17年(1942)に統合して発足。本社は名古屋。愛知・岐阜・三重・静岡など東海地区で広く読まれ、傘下に東京新聞などを持つ。発行部数は約245万部(2015年下期平均)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中日新聞【ちゅうにちしんぶん】

1942年新愛知新聞社と名古屋新聞社の合併で発足した中部日本新聞社が発行。本社は名古屋,北陸(金沢),東海(浜松),東京。朝刊発行部数約334万部,夕刊約117万部(1997)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

中日新聞

株式会社中日新聞社が発行する新聞。主な販売地域は愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、福井県、長野県。静岡県版もある。1942年、中部日本新聞として創刊。1965年、現称に改題。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうにちしんぶん【中日新聞】

愛知,岐阜,三重3県を中心に東海・北陸地方,長野県南部を配布地域とするブロック紙。1942年,戦時新聞統合で名古屋の二大紙《新愛知》《名古屋新聞》が合併して《中部日本新聞》を創刊,65年《中日新聞》と改題した。1960年金沢で《北陸中日新聞》を創刊,現在は両本社をファクシミリで結んで紙面を制作,発行している。第2次大戦後,いち早くカラー印刷の研究・開発にとりくみ,新聞制作の近代化をはかるとともに,経営管理システムの合理化にもとりくみ,新聞界をリードしてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中日新聞
ちゅうにちしんぶん

名古屋市の中日新聞社が発行、おもに中部地方全域で購読されている日本最大のブロック紙。名古屋の二大有力紙『新愛知』(1888年創刊)と『名古屋新聞』(1906年創刊)が1942年(昭和17)9月1日に合併し、『中部日本新聞』として発足、1965年(昭和40)題号を『中日新聞』に変更した。第二次世界大戦後、新聞製作全般にわたる技術革新を率先採用、意欲的な新聞づくりを続け、中部地方最大の有力新聞に発展した。1967年、東京新聞社から新聞発行の営業権の譲渡を受け『東京新聞』の発行本社ともなる。1971年、社名を中部日本新聞社から中日新聞社に変更、名古屋本社のほか北陸本社(金沢市)、東京本社、東海本社(浜松市)の4本社制とした。金沢で『北陸中日新聞』、東京で『東京新聞』のほか、『中日スポーツ』『東京中日スポーツ』『日刊県民福井』を発行している。共同通信社に加盟する一方、中部地方や関東地方に幅広く支社、支局の取材ネットワークを構築するとともに、海外にもワシントンロンドン、パリ、モスクワ、北京など13都市(2010)に支局を設置し、独自記事による充実した紙面づくりを行っている。『中日新聞』は販売部数において愛知県で圧倒的シェアを誇り、三重県、岐阜県でもトップである。販売部数は、朝刊約270万7000部、夕刊約55万6000部(2010)。日本ABC協会に加盟する一般紙『中日新聞』『北陸中日新聞』『東京新聞』の合計部数は、朝刊約335万7000部、夕刊約81万部(2010)。[高須正郎・伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中日新聞の関連情報