コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天叟順孝 てんそう じゅんこう

1件 の用語解説(天叟順孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天叟順孝 てんそう-じゅんこう

?-1532 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)石雲院の季雲永岳にまなび,その法をつぐ。文明16年武蔵(むさし)由井城(東京都)城主大石定久にまねかれ,心源院の住持となる。のち武蔵小机(神奈川県)に雲松院を,下野(しもつけ)(栃木県)に天応院をひらいた。享禄(きょうろく)5年7月17日死去。下総(しもうさ)出身。俗姓は永井。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天叟順孝の関連キーワード法華一揆犬筑波集享禄天文ルイス・フロイスカハマルカガルガンチュワとパンタグリュエル漢水享禄君主論

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone