コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季雲永岳 きうん えいがく

1件 の用語解説(季雲永岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

季雲永岳 きうん-えいがく

?-1526 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)の人。遠江(とおとうみ)(静岡県)石雲院の崇芝性岱(すうし-しょうたい)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち石雲院の住持をつとめ,遠江三谷に円成寺をひらいた。大永(たいえい)6年2月15日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

季雲永岳の関連キーワードデリー・サルタナット後奈良天皇ヤギエウォ朝後柏原天皇ムガル帝国大永足尾山地王世貞祝允明シュパイエル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone