コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台座主記(読み)てんだいざすき

百科事典マイペディアの解説

天台座主記【てんだいざすき】

天台座主(天台宗延暦寺管主の公称)の補任歴名記(ぶにんれきみょうき)。多くの伝本があるが,《続群書類従所収のものは最澄から書き起こし,座主第1世の義真(ぎしん)から第87世澄覚(ちょうがく)までの家系や治山中の重要事項などを詳述している。《群書類従》所収のものは,第1代から第167代尊朝(そんちょう)までを記すが,抄略本である。成立は,前者が13世紀末頃,後者が16世紀前半頃と推定されている。なお1935年に刊行された《(校訂増補)天台座主記》は,第246世勝契(しょうけい)(1927年死去)までを記述している。
→関連項目中河御厨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんだいざすき【天台座主記】

天台座主の補任歴名記。2書あるが,ともに1巻で,著者は不明。《続群書類従》所収のものは,最澄の生年(767)より書き起こし,座主は第1代義真から第87代(ただし本文は88代)澄覚までを記し,家系・法系・任日をはじめとし治山中の重要事項が詳しく記されている。これに対し《群書類従》所収のものは,第1代から第167代尊朝までを記すが,家系・法系・任日・没時が中心である。成立年は不詳であるが前者は13世紀末ころ,後者は16世紀前半ころに成立したとも推定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android