コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義真 ギシン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義真 ぎしん

781-833 平安時代前期の僧。
天応元年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)の人。最澄に師事し,延暦(えんりゃく)23年通訳として唐(とう)(中国)にわたる。師の没後天台教団をひきい,弘仁(こうにん)13年大乗戒壇設立の勅許がおりると最初の伝戒師となる。天長元年天台宗の僧首(天台座主(ざす)のはじまり)。天長10年7月4日死去。53歳。俗姓は丸子(丸部)。法号は修禅大師。撰集に「天台法華宗義集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

義真

没年:天長10.7.4(833.7.24)
生年:天応1(781)
平安初期の僧。相模国(神奈川県)出身。俗姓は丸子(あるいは丸部)連氏。修禅大師と称された。早くから最澄に師事し,延暦21(802)年,最澄の入唐時,唐語に堪能であったので訳語(通訳)として随行した。同24年帰国後も最澄を助けて天台宗の発展に寄与する。弘仁13(822)年比叡山延暦寺に大乗戒壇の設立が許可されると,最初の伝戒師として戒を授け,天長1(824)年,勅によって天台宗の僧首(のちの天台座主の起源)となり,同7年天台宗の宗義を編述して『天台法華宗義集』を上進するなど,最澄没後,こうして天台宗を統率する立場となった。<参考文献>大野達之助『新稿日本仏教思想史』

(鷺森浩幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎしん【義真】

781~833) 平安前期の天台宗の僧。延暦寺第一世座主。相模の人。最澄に師事。入唐の際には通訳を務める。最澄の死後戒壇院設立の勅許を得て戒和上となった。修禅和尚。著「天台法華宗義集」ほか。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義真
ぎしん
(781―833)

平安初期の天台宗の僧。俗姓は丸子連(まるこむらじ)。相模(さがみ)国(神奈川県)の人。初め興福寺に入って法相(ほっそう)宗を学び、のち最澄(さいちょう)に師事し、通訳としてともに入唐(にっとう)した。帰国後、つねに最澄を助け、823年(弘仁14)4月、伝戒師(でんかいし)となり、根本中堂(こんぽんちゅうどう)で円頓(えんどん)授戒を行い、824年(天長1)には延暦寺(えんりゃくじ)の伝法師(でんぽうし)となった。師の没後は一山を統率し、大乗戒壇の建立を果たした。著書『天台法華宗義集(ほっけしゅうぎしゅう)』1巻は、空海の『十住心論(じゅうじゅうしんろん)』、護命(ごみょう)の『法相研神集(けんしんしゅう)』などとともに、天長(てんちょう)(824~834)の勅撰(ちょくせん)の一に数えられる。[池田魯參]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の義真の言及

【延暦寺】より

…この翌年,当寺は勅によって延暦寺と号した。824年(天長1)に義真が初代天台座主(ざす)に任ぜられ,三綱が置かれ,また同年講堂,翌年戒壇院が建立され,堂舎が整った。その後,円仁,円珍が現れて寺運は発展の一途をたどり,開創から1世紀を経ずして,早くも9世紀中ごろに延暦寺は仏教界最大の勢力となった。…

【最澄】より

…斬新な講義の評判が天皇の耳にも達し,それが機縁で入唐求法(につとうぐほう)の還学生(げんがくしよう)(短期留学)に選ばれた。最澄は門弟の義真を通訳に連れ,804年7月,空海とおなじく遣唐使の船に乗って九州を出発し,9月明州に到着した。まず天台山に登り,ついで湛然の高弟である道邃(どうすい∥どうずい)と行満(ぎようまん)について正統な天台教学の奥義をさずかった。…

※「義真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義真の関連キーワード延暦寺のおもな堂塔福地 悟朗小岩井農場天台座主記阿比留茂山古橋源六郎円行(1)古橋暉児古橋暉皃佐竹騒動佐竹義明清水竜山吉良義信福地悟朗小森桃郭松平義貞新義派戒和上宗義真青龍寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義真の関連情報