天富命(読み)あめのとみのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天富命 あめのとみのみこと

古語拾遺」にみえる豪族。
太玉命(ふとだまのみこと)の孫。神武天皇のため橿原(かしはら)の御殿をつくったという。また斎部(忌部)(いんべ)をひきいて神宝の鏡,玉,矛(ほこ),盾(たて),木綿(ゆう),麻をつくらせた。はじめ阿波(あわ),ついで安房(あわ)に移住。麻をうえ,太玉命の社(やしろ)をたてたといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あまのとみ‐の‐みこと【天富命】

日本書紀」などに見える、斎部(忌部)氏の祖神天太玉命(あまのふとだまのみこと)の孫神。神武天皇に仕える。祭祀をつかさどり、橿原(かしはら)宮の造営に携わって、種々の神宝を製作した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天富命の言及

【安房神社】より

…千葉県館山市大神宮に鎮座。本社(上宮)に天太玉(あめのふとだま)命を主神とし,妃の天比理刀咩(あめのひりとめ)命と斎部(いんべ)五部神を配祀し,摂社(下宮)に天富(あめのとみ)命をまつる。《古語拾遺》に,神武天皇東征ののち,すでに阿波国に入りその地を開拓していた斎部氏(忌部氏)の天富命が,さらに阿波国斎部をひきいて東国に至り,安房郡を開拓し,そこに祖神天太玉命をまつったのが本社の創建としるす。…

※「天富命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天富命の関連情報