太玉命(読み)ふとだまのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「太玉命」の解説

太玉命 ふとだまのみこと

記・にみえる神。
忌部(いんべ)氏の祖先神天照大神(あまてらすおみかみ)を岩戸からさそいだすため,天児屋命(あめのこやねのみこと)と祈祷(きとう)をおこなった。天孫降臨の際,五部神(いつとものおのかみ)の一神としてしたがったという。天太玉命ともいう。「古事記」では布刀玉命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「太玉命」の解説

ふとだま‐の‐みこと【太玉命/布刀玉命】

日本神話で、高皇産霊神たかみむすびのかみの子。天照大神天の岩屋に隠れた際、天児屋命あまのこやねのみこととその出現を祈請し、また、天孫降臨五伴緒神いつとものおのかみの一として随従した。忌部いんべ氏の祖先神。あまの太玉命。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「太玉命」の解説

ふとたまのみこと【太玉命】

日本神話にみえる神の名。玉を用いて祭りを行う司祭者。玉は祭具の代表としての語である。諸国の忌部(いんべ)が作る祭具を使用して朝廷の祭りを行う忌部氏の祖先神。天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおかみ)を招き出すために,勾玉(まがたま),鏡,和幣(にきて)などを取り持って祭りを行って成功したという。また天孫瓊瓊杵(ににぎ)降臨のときには五伴緒(いつとものお)の一人として従ったとされる。斎部(いんべ)広成が撰した《古語拾遺》にはこの神の活躍が詳しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の太玉命の言及

【天の岩屋戸】より

天照大神(あまてらすおおかみ)が高天原(たかまがはら)での素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱行にたまりかね天の岩屋戸にこもると世は常闇(とこやみ)となった。神々は集まって評議し,中臣(なかとみ)氏の祖天児屋命(あめのこやねのみこと),忌部(いんべ)氏の祖太玉命(ふとたまのみこと)などに祭りを行わせた。そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。…

【忌部氏】より

…古代の宮廷祭祀において,中臣(なかとみ)氏と並んで重要な地位を占めた氏。中央の忌部氏の本拠は,現在の奈良県橿原市忌部町付近にあり,太玉命(ふとたまのみこと)神社(現,天太玉命神社)をまつっていた。この神社の祭神は,太玉命のほかに,大宮売(おおみやのめ)命と豊磐間戸(とよいわまど)神,櫛磐間戸(くしいわまど)神の計4座であった。…

※「太玉命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android