コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天山南路 テンザンナンロ

3件 の用語解説(天山南路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんざん‐なんろ【天山南路】

天山山脈南麓のオアシスを結ぶ交易路。中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区のハミからトルファン・庫車(クチャ)を経てカシュガルへ至る。また清代には、天山山脈以南の地域、特にタリム盆地をさした。→天山北路

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天山南路
てんざんなんろ

中国、天山山脈を基準としてその南部の地区をさす語。天山北路とともに清(しん)朝時代に使われた。タクリマカン砂漠を含むタリム盆地にあたる。天山山脈、崑崙(こんろん)山脈、パミール高原に囲まれ、山麓(さんろく)地方には古代からオアシス農耕社会が発展し、シルク・ロードが走った。清代には回部(かいぶ)、回疆(かいきょう)ともよばれ、イスラム教徒の居住地であった。これらのイスラム教徒はウイグル人とよばれ、この地方の主要人口をなしている。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天山南路の関連情報