コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天山南路 テンザンナンロ

大辞林 第三版の解説

てんざんなんろ【天山南路】

シルク-ロードのうち天山山脈の南側を通る道。清代には、天山・崑崙こんろん両山脈の間のタリム盆地をさした。回部。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天山南路
てんざんなんろ

中国、天山山脈を基準としてその南部の地区をさす語。天山北路とともに清(しん)朝時代に使われた。タクリマカン砂漠を含むタリム盆地にあたる。天山山脈、崑崙(こんろん)山脈、パミール高原に囲まれ、山麓(さんろく)地方には古代からオアシス農耕社会が発展し、シルク・ロードが走った。清代には回部(かいぶ)、回疆(かいきょう)ともよばれ、イスラム教徒の居住地であった。これらのイスラム教徒はウイグル人とよばれ、この地方の主要人口をなしている。[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天山南路の関連キーワードイエンチー(焉耆)ホイ(回)族自治県トゥルファン(吐魯番)盆地トゥルファン(吐魯番)市ボグダ(博格達)山脈ランシン(蘭新)鉄道ピチャン(闢展)県コルラ(庫爾勒)市西域(せいいき)クチャ(庫車)県アクス(阿克蘇)シルク・ロードマルコ・ポーロオアシス都市タクラマカンイスラム教徒トゥムシュクカラシャール東西交渉史西域水道記ル・コック

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android