コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天山北路 テンザンホクロ

3件 の用語解説(天山北路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんざん‐ほくろ【天山北路】

天山山脈北麓のオアシスを結ぶ交易路。中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区のハミからウルムチを経てイリ、またはタラスに至る。また清代には、天山山脈以北の地域、特にジュンガル盆地をさした。→天山南路

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんざんほくろ【天山北路】

シルク-ロードのうち天山山脈の北側を通る道。清代には天山・アルタイ両山脈の間のジュンガル盆地をさした。準部。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天山北路
てんざんほくろ

中国、天山山脈を基準としてその北部の地区をさす語。天山南路とともに清(しん)朝時代に使われた。北東方のアルタイ山脈、北西方のタルバガタイ山脈に囲まれた草原地方で、17世紀にはジュンガルの領土であったが、清朝がこれを征服してから準部(じゅんぶ)(ジュンガル)とよんだ。古代よりトルコ、モンゴル系遊牧民集団の住地で、19世紀以降は中国人、モンゴル人、カザフ人などが移住し、ウイグル人の数も増えてきた。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天山北路の関連キーワード砕葉オアシス都市天山南路葉爾羌アクス別失八里オアシスおぶせ小松オアシスねこのオアシスジュンガリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天山北路の関連情報